我が国は4人に1人が65歳以上という典型的な高齢社会となりました。さらに少子化や核家族化が進み、元気なうちに身辺整理をしておきたいという高齢者が増えています。老人ホーム入居や家族との同居を前に家財整理を迫られる場合もあります。
また、お亡くなりになった方の遺品整理にもニーズが高まり、故人やご遺族に替わって遺品整理を代行する私たちのような専門家が必要とされています。

かたづけや家財の処分を必要としている方はもちろんのこと、遺品整理の作業を迫られている方などは、かたづけ&遺品整理を代行する私たち”かたづけ母さん”にお任せください。